四百回忌と二百回忌

2018.6.18

 

 

2016年春 モスクワの日本大使公邸で夕食をいただいた時「2018年は日本におけるロシア年 ロシアにおける日本年です」と大使にお聞きしてから2018年がある種忘れられない年になっていた。

我が家の過去帳の中で一番古く記されている 梅岳玄竹居士が元和四年(1618)二月没 ということに気付き 他の項を見ると

観阿妙隻信女 文化十五年(1818)五月没とあるのがわかった。

以前、八ツ橋のお店の遠い年忌に 黒白でなく緑色の帯の熨斗袋に追福と書いて参加した という知人の話しを聞いていたので、

追福 という気持ちの良い言葉を知りながらこの機会を逃してはいけないと考えた。

しかし なんとも呑気で物好きなことにも思えて お花と足をお任せできる方と三人で和尚様に法要をお願いした。

本堂でのお勤めの間、四百年も昔の人を身近に感じられ 梅雨の晴れ間の庭に出ると何かとてもサッパリと胸の中が広くなったように思えた。

写真は二人の卒塔婆を手にする私です

日の目を見た作品

2018.6.14

中一の時の作品

 

嵯峨天皇 李嶠詩 の臨書

 

小学2年生から高校3年生まで柳田泰雲先生主催 全日本学生書道コンクールで毎年作品を皇太子殿下台覧にしていただいていた。

中一の時の作品と賞状を父が欄間に飾っておいてくれた。

昭和33年のもので茶色になっているのだが 38年間続いているクラスの小規模な展示会に一緒に並べていただくことにした。

目に留めた方が「お上手ね。 お小さい時からやっていらしたのね。」とおっしゃってくださった。

子供の成長のみを人生の楽しみにしていたように思える父母は小さいものでも処理してしまうことなく保存しておいてくれた。

父もそのクラスの方達に良くしていただいていたが、出品者の方が「大先生がこの場にいらしたら、さぞお喜びになられたでしょうね」と何度もおっしゃってくださった。

5月27日

2018.5.27

雀ヶ丘にて。建物はモスクワ大学。

青いテントはワールドカップお土産展示場。

 

雀ヶ丘広場にて。

 

同じ場所にて。有料トイレ

 

5月26日

2018.5.26

今日 5月26日  赤の広場の入口にはワールドカップ迄後19日の表示が、、
ボリショイ劇場でのロシアにおける日本年、 日本におけるロシア年のオープニング。
プーチン大統領と安倍首相のスピーチに続き日本武道館 鏡開式  と  ドラム タオの公演。
昨日までサンクトペテルブルクで開かれていた国際経済フォーラムに出席していた方達が多数モスクワに移動していらしたとのこと。
いただいたボックス席はロイヤルボックス右斜め上で首を曲げなくても中の様子がとても近くに拝見できる 最高の、興味深い場所だった。
大統領は薄く日焼け、そして 頬の赤みがとても自然で生き生きしている。
首相は押し出しが良く 自然に打ち解け会話が弾んでいる。
奥様は姿勢が良く 会を楽しみ 出し物に一番に反応されている。
長い時間、同じ仕切りの空間に一緒にいればどんな大事な会話でも出来る、と思う。
鏡開式は鎧兜に縁のない現代人には体力的にも精神的にも緊張感からは遠く、舞台を引き上げる時は 疲れた敗軍のようだった。
着る楽しみの出演者より他の人選が日本人の心意気をショー化するには
必要  と思った。
ドラム タオ は映像を効果的に使い、日頃の厳しい鍛錬の程が偲ばれる技能、出来栄え だった。
太鼓を腰に乗せて演奏、乾いたリズムだけの曲は近い異国のもののようでもあり、あの衣装ではアフリカの妖術師達のようでもある。
不思議なことに この演奏に眠気を誘われていた人たちも  身体の深いところに響き、ゆとりある音を出す大きな和太鼓演奏にはとてもひきこまれていたようだった。
津軽三味線風の演奏は音が濁って良くない。
笛と大太鼓に合わせてのモダンバレーソロは前半の荒城の月には合わず、後半も太鼓の流動性について行けなかった。
といろいろ本音を言ってしまうのも たくさんの場面を一つの舞台に詰め込みすぎたから、、
リサイタルでない時は 会全体の進行に合わせ、途中 必要なら大幅カットも出来るプログラムを考えておいた方が良い。
外に出て、きれいな丸い月と赤の広場に続く ライトアップされた建物を見ながら、二年前迄遠い存在だったモスクワにいて この九月末の書のデモンストレーションのことを考えていることが、これは全て いただいた 人の縁によるものなのだ  と思うと 何とも言えない 背筋が伸びる心持がした。

モスクワの今の緑の美しさに白鳥の柄の帯です。

私の席の入り口

私の席からプーチン大統領、安倍首相ご夫妻の座られる席がよく見えます。

会場から出たところ

5月25日、午前

2018.5.25

明日の入場券をいただきに大きく立派な日本大使館の前まで
明日ロシアにおける日本年  日本におけるロシア年のオーブニング式典が行われる。
こちらのニュースで大きく取り上げられていたが今日までサンクトペテルブルクで国際経済フォーラムが開かれていたので日本からの出席者も今日モスクワに大勢移動とか。 警備の関係で早くの会場入りが求められているが 今いるホテルからは
歩いて10分もかからないので安心。
たった今も道に迷って回り道になりボリショイ劇場の前を歩いてきたところ
両国の首脳を迎え 日本からの出し物は鏡開きとDRUM  TAO  の太鼓
どんな風なのか楽しみです。

5月24日

2018.5.24

聖タチアナ教会

 

キリル文字を作った聖キリルとメフォージを祝う日

 

 

御茶ノ水のニコライ堂を建ってた聖ニコライ

亡くなった時、ニコライ二世からも明治天皇からも供花を受ける

 

 

 

聖タチアナの日(27日)、白樺が飾られている

5月24日

2018.5.24

モスクワ大学アジア・アフリカ諸国大学 マズリク教授を訪ねる

 

チャイコフスキー劇場の前で

チャイコフスキーの銅像の左手の形が不自然な理由を教えていただき

ついでにこのポーズ

 

(5月27日)チャイコフスキー劇場の前で合唱していた子供達

 

5月24日、朝

2018.5.24

写真は朝食の一部。
黒パンが何とも言えない風味で 明日も楽しもう!
さて今日はモスクワ大学のアジア、アフリカ諸国大学の中を歩き回り
近くの教会や東洋美術館  と大学の先生にいろいろな場所、
方々をご紹介いただいた。
素晴らしい陽気で沢山の人達がウキウキ外出するしているかんじ。
着替えの時体から水蒸気が上がっているのがわかった。

 

 

モスクワ ナショナルホテルの私の部屋からの風景

2018.5.23

この景色を見ていたくて予約したのだが
ワールドカップ関係者が沢山泊まっているので一昨年の部屋には入れなかった。
夏のような明るい日差し、
四月始めの防寒衣服に包まれて見た 木には枝もない風景から一転葉や花が超高速で伸びたに違いないと思われるこの明るさの中で見る風景はとても同じ場所とは思えない変わりようだった。
明日からのことはまたおいおいと

午後9時

 

午後9時15分、こう変わりました。

 

ガーシュウィン:ピアノ協奏曲

2018.5.21

5月19日

今月の新日本フィル定期公演はアメリカ人女性指揮者を迎え、4人のアメリカ人作曲家の曲を

ガーシュウィンのピアノ協奏曲は山下洋輔氏のピアノで

昔オール讀物か何かに連載していらした日記のような文章を読んでいたが 演奏を直に聞くのは初めて。

予習コースの先生が ’’昨日は時間が延びましたので 終演後何か予定を立てている方は遅らせておいた方が良いです’と教えてくださった。

指揮者のジョアン ファレッタさんはギター演奏家だったのが勉強して指揮者になった 言うなれば 叩き上げ、楽団員からは安心して迎えられる実力者 と聞いたが おもねるところのない すっきりした人だった。

昔チャールトン へストンが大指揮者の役をやった時 ’さすがの役者も音の先に体が動いていない’ と評されていたが 私の目にも今回の指揮ぶりははっきりと音の先に合図を出すのが指揮者 と 解るものだった。

渋い役者のような風貌の山下氏の演奏は素晴らしい。

どんなに速くても、どんなにメロディーやテンポを変化させても全く芯がぶれない。

音が澄んでいて美しい。

良いものを聞かせていただいた一日でした。

付録

毎回駅ビルのつばめグリルでお昼をいただくのだけれど ’いつも注文されるので覚えました。次回からは注文を伺う前にニシンの酢漬けをお持ちしましょう’ と言われた。

ノルウェー の波止場で誠次さんと並んで食べてそのおいしさを知ったもの

 

10年ぶりの国技館

2018.5.16

砂かぶり 前から二列目真ん中 というお席をいただき 10年ぶりくらいに国技館へ

席に案内された時 目の前40センチくらいのところに 大きなお尻があったので 思わず おーっと言ってしまった。

4時過ぎに入ったので アレヨアレヨという間に2時間が経ち 日常とは違う興奮をして帰ってきた。

このところおすもうに注意を払っていなかったので 誰が誰なのかわからなかったが 隣のおじさんたちに 足を綺麗にあげる人、太り過ぎでシコが踏めない人など教えてもらった。

正面に見る貴乃花親方は凛々しくいい男振りで、 目の前に座る関取は数人を除けば白い背中が美しく、それにしても本当に裸。

頑張った末に 取り直しになった一番は 二人共 疲れましたもうたくさんですという気持ちを無理やり戦闘モードに切り替えているのがわかり気の毒だった。

白鵬は年を感じさせる体つきになっている。が座って待っている間に蝋のような肌に赤みがさし 汗が浮き出し油で拭き上げたようになる。

昔は同じこの建物に住んでいらした舛田山関から 焼き鳥その他をいつもいただき 見物にも行き 大声で ま す だ や まーと叫んで同席の人たちを驚かせたものだった。

書展の推薦の言葉に 舛田山関が ’それにしても奥さん(私のこと)の食欲には驚かせられます’ と書いて 友人に お相撲さんに食欲を褒められる素人なんて聞いたことがない と言われたことも懐かしい。

もう一人の横綱が負けた時 私の頭を座布団がかすめ 鬘の人だったら大変だった と思った。土俵に気を入れていたのでムチウチにはならなかった。

このところ近くに迫ったモスクワ行きの為落ち着かなかったが やっと予定のメドが立ったところ

またご報告を

大和スコラー修了式

2018.3.23

3月22日

30年間に177名の英国人留学生を受け入れたという大和日英基金の会。

ここ8、9年の間学生さんたちが東京にいる間に書をポツポツと習っていただいている。

あちらの大学院を終了してから選抜されてくる人たちは若く、変化にとみ、 優秀で 地味。

書に興味を持つ人が中に必ずいて、 その興味を元に始めた書の勉強で 自分に現れる壁への取り組み方がそれぞれに違うのが 、子供の頃から書を知っている日本人のような雑念が無いので、興味深い。

修了式ではスコラーが日本語でスピーチをする。

澄んだ言葉で語られる彼らの実体験から日本と日本人に対する好意を持った理解はもっと多くの人に聞いていただけたらといつも思う。

至福の時

2018.2.22

2月22日

昨日からジェーンエアを見続けている。

十数年前当時持っていたテレビのBSからビデオに撮った映像でこの映画をずっと楽しんでいたが その後 テレビもなくなり見ることが出来なかった。

色々なジェーンエアの映画を見たが 私はこのウィリアム ハートがロチェスター氏 を演じるものが一番気に入っている。

子供の頃から シンデレラ物語と思っていたが 今回 テンプル先生が子供たちに ”Intelligence  and proper education will give you independence of spirit and that is the greatest blessing of all.” と言い、ジェーンがロチェスター氏に ”私はここで平等に扱われた”と言うのを聞いて、ロンドンのナショナル ポートレート ギャラリー で見たブロンテ姉妹の肖像画に見られる切なさ、1800年代のイギリス女性を思い 今になってやっと作者がこの作品で言いたかったことがわかったような気持ちがした。

年をとって あの人にあの時どうしてもっとしてあげられることを思いつかなかったのだろう と後悔するばかりだが

でも 年をとってやっとこのように経験や考え方を膨らませて理解できる嬉しさもある。

子供の時読んでいた世界ナントカ全集の挿絵や文章ががそのまま映画になっているようで そして 8年通った英国の美しい自然を思い出しながら

至福の時を過ごしています。

 

群馬桜友会

2018.2.13

2月12日

賑やかな会場からちょっと足を伸ばしに廊下に出たところでホテルの会場係りの方とお会いした。

『この会の皆様は何とも品の良い方達ですね』 とおっしゃってくださった。

お聞きすると ご自分が以前JRでどんな仕事をしていらしたかを教えてくださった。

一人で伺っただけではもったいないと思い機会を見て司会の方から紹介していただいた。

貨物や特急の運転 指導、

原宿から静岡まで昭和天皇のお召し列車を運転した際は5メートルおきにある電信柱と同じ数の警察官、運転室にも車内にも多数の警備で緊張したことなど 珍しい話題に参加者は喜んで耳を傾けた。

一途でしっかりした実りある人生を生きていらっしゃる方 と 実感。

良い会だった。

ゲティミュージアム

2018.2.4

天眼鏡が置いてあったのでイメージズ オブ スペイン アルバム の中の

イーグルハンター というゴヤの小品を見たら

イーグルが足に挟んでいるうさぎが可愛い顔をしてぶら下がっている。

針の先でツンと点を打った様な眼が丸く可愛いままで

何が我が身に起こったかを理解する暇も無かった感じがでている。

この紙にゴヤの手が触れたのだ、

この線 このぼかしもゴヤが描いたのだ と思うと

ゴヤのがそこにいるようで時の隔たりが一気に無くなったようだった。

 

 

 

ゴヤ 「イーグルハンター」

 

 

入場制限のあった、カラバッジョの部屋