昨日国立博物館で

2019.4.19

風信帖を一緒に見た方たちと別れ今まで二回共ショートカットしていた会場内をゆっくり歩き

初日に ’東寺 弘法の湯’ という入浴剤をまとめて送ってもらう手続きを頼んだ売店の男性に ’品物 無事到着 役立ちました’とお礼を言って ’覚えています 覚えています ありがとうございました’ とニコニコしていただき

出口で 何か飲み物を でもやはり何かお菓子を と 結局一番大きな光悦まんじゅうを手にしてしまった。

テーブルが一杯だったので ソファーで膝の上にお盆を置いて 付いてきた羊羹用ナイフのような大ぶりのカッターで普通のお饅頭の3.4倍はある品を切っていたら そばのテーブルから よろしければ一緒にここで と声をかけていただいた。

よし 手伝ってもらえば助かる とその二人におすそ分け 話していると アジアで18年 そのうち12年を現在上海でイタリア料理店を経営している人とシェフだった。

18年もアジアにいて 日本には初めて3泊4日で来たとかでその感激の仕方が大きく 私は久しぶりに新鮮な観光客に会った思いがした。

今の観光客はスマホの画面と現場にしか目をやっていないように見える。

日頃の喧騒を離れ 美味しいものを食べたいというので 6席の天ぷら屋さんと宣伝していないお鮨屋さんの話をすると 昨日お寿司を食べたけれどその宣伝していないお店にいきたいとのこと

心配するより 幸い暇なので 私も一緒に ということにした。

わたしは早く帰るので この額を置いていくから 残りは自分たちで払いなさい とメモに書いて見せた。

もちろん僕たちが招待する と言ってくださったがそうはいかない

少し早くお店の旦那様に出て来ていただくことになったが 時間があるのでゆっくり公園内を歩いて

これが一番古い野球場 イタリアでは野球はしない と関心なし

コルビジェ設計のビル 中を見なくてもいいや

まだ咲く美しい桜 美しい と綺麗 の違い 上手に説明できず

キョロキョロして足を止めなければこの道を通って次の駅まで歩こう と言って アメ横に入った途端 その条件はどこかへ飛んでしまい

浴衣を、 ガールフレンドに着物を買う、 とあれもこれも欲しくなってしまった。

新しいものも、 着ないままタンスから出て来たと見える綺麗なものも選り取り見取りで 気のいいお店の方が 最後に羽織の紐や鼻緒の色がしっかり見ればちょっと違うかなあ という男物の大きな下駄などプレゼントしてくださった。

アメ横に入る手前の信号を待つ間 ’外国で この一瞬 この人 が一生のその国に対する思い出になることがあるが 今が その時だ’ と言っていた。

私も スイスというと こちらが何か聞いたわけでもないのに道路の向こう側から飛んできて 道を教えてくれた太ったおばさんがまず脳裏に浮かぶ。

でも この感激した話を日本に帰ってスイス大使館の男性にしたら ’それはスイスが観光で食べているからですよ’ とあっさり言われ ちょっとそのお役人にがっかりしたという事実も付録になっている。

さて 30代40代と見えるイタリア人二人組は銀座の着物姿の綺麗な女性たちに目を奪われながらもサッサと歩く私について無事カウンターへ

それからの 食に対する態度 店主に対する尊敬は 自身の深いところから静かに出てくるものと解る見事なものだった。

ご主人も 解る人には解るのですよ と喜んでくださった。

用意してあった私の封筒は こんな時はまあいいじゃあありませんか と受け取っていただけず ご馳走になりました。

 

至福の時

2019.4.9

桜の木の下で花びらを浴びていると そのひとひらひとひらが 実は 周囲の愛でる者たちをこのまま樹の中に吸い込む序幕を演じているのではないか とちょっと怖くなることがあるが

ここ10階の空に舞う花びらは 上昇気流に乗っているせいか 軽やかに キリッとした動きで上がるだけ上がるとゆっくりと横に 斜めに時間をかけながら漂っていく。

この季節 この風景にその都度新鮮な愛おしさを覚え 浄化される思いがする。

管理人さんはとてもこまめに周囲を綺麗にしておいてくださる。

今朝 黒猫ステーションの奥の方に花びらがあったので ’まあこんなところにまで お邪魔して’ と言ったら ’花びらが入ってくるのを見ると心が安らぎます。’ と

そしてさっきエレベーターで一緒になった佐川のお嬢さんは ’このマンションのそばに来ると立派な桜がたくさん見られて良いです。散る花びらの中を配達していると嬉しいのですが その度に悲しくなります。’ と言ってくださった。

 

 

 

 

写真は「太田の庭の桜」

ソローキンの見た桜

2019.4.3

昨年5月26日 モスクワのボリショイ劇場での ’ロシアにおける日本年’ オープニング式典に出席した時 南海放送65周年記念 ソローキンの見た桜 映画製作関係者の方々にご紹介いただいた。

日露戦争の時 松山には9000人ものロシア人捕虜がいたという。そこで亡くなった90数人のお墓がロシアに面して建てられていて現在でも地元の子供達がお参りや清掃を続けているというのが導入部になっている。

イッセイ尾形の臭い演技、カラーの色調(言葉がダブってしまった)が朱色 茶色が強く 主役の唇が妙なオレンジ色に光っていること、最初の小競り合いの場面が他の場面とスピード感が合わない 日本人女性主役の英語で話す様子が現代アメリカ人に習った様に見えること など気になってしまった。

桜の映像が素晴らしい。私の理解に間違えがなければ 映画の中のソローキンは相手からその素晴らしさを話に聞いただけで日本の桜は見ないままロシアに帰ってしまったのではなかったか。

画面いっぱいの美しい桜の風景が映画の山になっているので ちょっと筋を変えてでもソローキンと実際の桜を結びつける場面があったほうが どうしてここで急に桜なの と思わずに済んだのではないか。

しかし理屈はどうでもよく 桜に酔っているところにどんでん返しもあって話は一挙に盛り上がり感激して見終えた。

製作に関わった方たちの強い気持ちがわかる良い映画でした。お勧めです。

 

 

国立劇場 夜桜

2019.3.28

思わぬ拾い物

2019.3.26

ただ日にちの関係だけで切符をとった今日の国立小劇場での歌舞伎公演、

真山青果の元禄忠臣蔵御浜御殿  扇雀丈のセリフは良いが 相手役は声は良いのだが 気分が上滑りしている。

昔 真山美保氏が家にいらして興行を依頼され 断ることが不得意な父がああまた引き受けてしまった という母の声が 地方で台詞劇 というのもねえ という言葉と一緒に耳に残っている。

今日の舞台も拍手も多く皆熱心に聞いて楽しんでいたが 20年前だったらここでも拍手が起きたに相違ない というところがスルーされてしまっている。内容に思い至らない ということなのだろう。

ここしばらく ブログを書く言葉を思い描いてはいたが キーを叩くまでに至らなかった。

いろいろな考え方を認めなくてはいけない という今の風潮は かえって反対にその風潮以外のいろいろな考え方をすることは許されないのだ ということなのではないか? と 何か面白くない 諦めのような気持ちになっているのだと思う。

さて 次の出し物 積恋雪関扉 今まで見た大ベテランが演じるこの長い舞踊劇は退屈にしか思えなかったのだが 今日の主役の二人は素晴らしかった。

菊之助丈の溌剌としたきれ と古風な顔立ちの安心して見られる技量を持った梅枝丈。このような力のある若い女形の存在を知らなかった。

この二人 先が見えない世界にある時不思議と現れることがある 救世主 にならないかしら。

 

 

東京国立博物館 顔真卿 展

2019.1.16

オイルショックの後 誠次さんはアラビアにゴマをするために5年間に3回診療に行った。

その1回目の時 香港の乗り継ぎで買った筆をクウェートの税関で ’危ない 先が尖っていて武器になる’ とニヤニヤした係官に言われ 数日後に空港までわざわざ受け取りに行かなければならなかった  という話を久しぶりに思い出した。

もちろんアラビアに強い専門家と一緒に行ったのでいろいろな手配はできていたはずだった。

今朝 顔真卿展の出口から見始めたので 誰もまだその大きな部屋にはいず 私一人だったのだが 筆記用具を出してメモしようとしたら 係員が、、、

私が ’大丈夫です。これはシャープペンです。’と言ったら ’シャープペンもいけないことになりました、混んでいる時人を傷つけたことがあったとかで、、 これを ’とゴルフ場で使うようなペニョペニョした鉛筆をくださった。

そのうち ガンをつけたという騒ぎになるので 眼球を出しておいて行ってください ということになるかもしれない。

さて

思いがけず 一つの部屋に日本の名筆が置いてあることを発見。

宝の山に気もそぞろになってしまう。

昭和62年3月銀座で 春 今 春に想いを寄せて という題で個展をした時 コスモ石油の社長、中山善郎氏が ホッとする先生の個展をお祝いして という題で文を寄せてくださった。その中に

博物館から、’平安時代の文書を見ていてこぼれた涙の訳が知りたい、’という葉書が来たと思えば、かって私の机の上には現れたことのないスヌーピーの絵葉書に、’社長さんのお手紙で、何かがふっ切れたようです。ワーイ!’と書いてあったりします。

という部分があった。

この時からずいぶん時間が経って その間も細く長くずっとこの素晴らしい世界の中で過ごしてきている訳だけれど

今日 また目にした伊都内親王願文は世界の書の中で比類のない孤高の位置を占めているもの と実感した。

書いた人のことを その人物、人生の幸不幸 といった小さなことでなく、もちろん字が上手だ下手だ といった些細なことでもなく、人間としてこれを書いた人が存在した という事実だけが見ている我が身に染みて、 本場の中国でなく日本人によって書かれたものということが哀れで、 素晴らしいものが国を超え 時代を超え この世に生き続ける奇跡 がここにあるようで感無量だった。

 

 

懐かしい時

2018.12.31

12月29日

平成5年に営業を終えた帝国ホテルのフォンテンブローで青春を過ごした方達が 定年 また定年後も続けて数年を勤めあげる時が来ている。

20歳代 メインダイニングに行くのはまだ早いと思っていた頃 エレベーターからフォンテンブローの入り口まで10メートル位を案内するためだけが仕事の、お年のホテルの看板の男性が ’若い方にこそ来て欲しいところ’ と雑誌のインタビュー に答えていらしたのを読んで出かけたのが始めだった。

忙しい連れ合いと 月に一度くらいは ちゃんとお互いの顔を見てゆっくりきちんと食事をするのも生活のメリハリ と思い、村上信夫料理長が採算を度外視、勤めている方達にしっかりしたメニュー、サービス、味を残すために月に一度の会を催すようになられた時だったので 海外に行っている時やよほどの予定がない限り通っていた。

1テーブルに三人の係りの方がついてくださっていたのは知っていたが その三人のグループが8組あったとかで常時24人がチームワーク良く動いていたとか、

いろいろな話を聞くことが出来たのは 今夜その方たちの忘年会に混ぜていただいたから。

女性は会計にしかいなかった時代だったのでフォンテンブロー同窓会に参加した女性は私が初めてとか

折角の集まりの邪魔になってもと思い早めに失礼 と考えながらもある意味大雑把な活気にあふれていた時代の楽しい話を聞いていたらあっという間に時間が経ってしまった。

また味わいたい品をみんなで思い出したり、3番というテーブルだったと教えてもらったが、そのいつもの席からの景色を思い浮かべてなんとも懐かしい時間を過ごした。

勉強のための海外派遣も多く、出席の皆さんによると、今の人たちは知識を持って入社するが、当時は何も知らずに職について 職についてから なんでもが新鮮なので必死で勉強したとか

その必死で勉強した方達だからこそ定年後も いて欲しいと頼まれるくらいの位置を得たのだと思う。

この忘年会の前 村上先生のお墓参りに行ってきた。

先生が数歳の時お母様がなくなり その後を追うようにお父様もなくなってしまわれて そこから小説以上の先生の人生が始まったわけだけれど、そのご両親の倍以上のお年を重ねられたことがわかる墓碑に感無量だった。

そのうち先生がいつも見ていらっしゃる空の写真をご覧いただきますね。

 

ヒェーッ!

2018.11.21

談志まつり の切符をいただきよみうりホール21日昼の部へ

中入りの後 談志師匠の1967年録音の平家物語題材の噺

私自身は談志師匠の噺には昔から別に興味もなく 師匠と一緒にラジオに出ていた方から 大した人だ と感心している話しを聞いていただけだった。

若い時の伸びやかな声での話しぶりを聞いてその力の大きさを思い知った。

この音源での出演の後に続いて舞台に出る噺家は大変 と 自身も言い、談志師匠の実際の舞台を一度しか聞いていないという出し物を談之助師匠が

どうしてやらないのかと聞いたところ 面白くないから と言うのが家元の答えだったそうな

オレンジ色の衣装の師匠が落語で講談を両膝を両手でバンバン叩きながら熱演する姿が 芸人の哀しみのように思えて引き込まれたところでその噺の盛り上がりになった。

大阪で育った武智鉄二氏は 子供の頃寄席で父親に 笑ってはいけない と言われたそうだが 私はラジオの寄席中継でどっとお客が笑うと 今の笑いには品がない と母がよく言うのを聞いて育った。

後でロビーに張り出された演目表で それが 五目講釈 と言う噺と知ったのだが

口調は立派な講談なのだが内容はしっちゃかめっちゃかでその歌舞伎の名場面などが 映画で見るニューヨークのパレードでの窓からの紙吹雪、一時の蜷川氏の舞台の桜吹雪 といった豪華さで言葉が降ってくる。

私はもうだめ状態で 一人で そう 一人で ヒーッとかひぇーっとか あらぬ声を張り上げ一人で拍手 周りは白けたかもしれないが かまっていられない。 どうしてみんな笑わないのよ と思う余裕もない。

内容 言葉を思い出すすべもなく 帰ってから便利なインターネットで調べると

江戸人が好んだパロディー落語 できたのは明治中期 この当時すでにあまり口演されなくなっていたのでは  とある

これはなんだ!!!

もし私がお金持だったら 家のお仏壇の前に談の助師匠を招きこの 五目講釈 を演じていただき仏様と私一人で聞きたいと

そうしたら嬉しくてお位牌がカタカタと音を立てるのではないか と思ったら涙が止まらなくなった。

 

 

 

小林旭さんとブラームス弦楽6重奏曲第1番

2018.11.2

11月1日

今歌っていられるのは私の亡くなった連れ合いのおかげ と生前から30年以上ずっと盆暮れご挨拶いただいている小林旭さんへ感謝を込めてコンサートに。

私にとっては 小林旭芸能生活40周年記念 全日空ホテルでのステージにお呼ばれしてご親類の方達からも感謝の気持ちを伝えていただいて以来。

荒川区民会館のホールは同年代の人々で満席、2時間を休むことなくおしゃべりと歌でダレる所もなくあの声で観客を引っ張っていく。

一緒に行った友人達も声量、声の高さを維持していることに驚き 思えばオペラ歌手の体型だ とふくよかさを納得。

一芸に秀で、変わらぬファンを持つのは いろいろなことがあったであろう今までのことを決して愚痴らず 人の悪口を言わず 自分の立ち位置がぶれない姿勢にあるのではないかと思う。

奥様が素晴らしい方でいらっしゃる

夜 もう一つの音楽会でブラームスの弦楽6重奏曲第1番を

一番好きな曲の一つなのだが ずーっと聞いていた盤が 各家のカレー 母の味 と同じで 自分にとってはかけがえのないものになってしまっている。

チェロの代わりにコントラバスだったせいなのかもしれないが  ”私の好きな人はあなたじゃない!” といった勝手な思いのまま家に帰ってすぐ自分のCDで聞き直してしまった。

熱演だったのにごめんなさい。

お不動様と般若心経

2018.10.28

10月28日

27日のお昼、夕方6時 そして今朝5時半 と善光寺様にお参りを。

母の実家は 善光寺様から 歩いて15分くらい、三輪相ノ木 という善光寺様への人波で常にあふれていた街道で 叶屋 という菓子店だった。

父の母(父が小学生の時に亡くなり 私はお茶のお点前をしている若い美人さんの写真を見て育ったのでおばあちゃま と言いずらい)もそこの出なので 小さい時から長野は私にとって 身近な場所。

さて 何十年もの間毎朝5時前後に起きて善光寺様に通っているいとこに今朝は同行。

数年前NHKの新日本紀行にいとこの朝参りがゆっくり取り上げられたことがある。常に自然体のいとこが番組担当の方に気に入っていただいていたというのがよくわかるなかなか良い内容だった。

境内あちこちお参りして歩きながら6時28分にお上人様がお出ましになる玄関前に場所取りのバッグを置いて また 常連のみなさんと挨拶を交わしながら境内巡りを。

お玄関に一番近い場所はいとこが という長い年月かけての実績への暗黙の了解があるようだ。

宿坊の方が案内してきた旅行者の方たちも30人目くらいの場所に案内されている。

集まるのは慣れている人たちなので直前までピーチクパーチクと賑やかだがさすがにお出まし直前にピタリと照準が合い体制が整う。

石畳の前に膝をつき 頭を垂れていると 御数珠がしっかりと置かれたと同時にお上人様の体の向きが変わったと思ったらお袈裟の中に頭が入ってしまった。

焚き込められたお香の香りが素晴らしく一瞬別世界に誘われた。

その後 数カ所のお堂を巡りながらお経をあげていく和尚様たちと一緒の堂内に座ってお経を唱えるいとこの後を追ってありがたく忙しい時間を過ごした。

28日はお不動様の日ということで その堂内に響く般若心経を聞かせていただき鐘の音の余韻を最後まで聞いていたら 気づいた時には私一人になっていて もう違う場所に移って違うお経を唱えているいとこを探し あわてて追いつかなければならなかった。

やれやれ

ということで

お不動様と般若心経にあふれた10月後半 でした。

 

 

こちらは我が家のお不動様です

 

千賀の浦部屋

2018.10.10

元舛田山関の奥さんに会ってロシアに行っていた話をしたら

”なら先生うちの部屋の騒動知らないのでしょう?”と言われた。

このところテレビの報道番組を賑わしていた 貴乃花の部屋の人たちが千賀の浦部屋へ という話になるたび私が書いた看板が画面にアップで出ていたとのこと。

橋場に立派な部屋を立てて独立 御弟子さんと仲良く家庭的な毎日を送っていた元舛田山、元千賀の浦親方 は中曽根さんに共鳴 拓大へ 市役所か県庁に就職も決まっていたのに 元栃錦にスカウトされて力士になった という頭脳も人格も優れた人物。

結婚を機に新しいマンションに入居したところで 知り合いになった。

私の個展に推薦文を寄せてくださったのは良いが ”それにしても 奥さん(私のこと)の食欲には驚かされます。” と本当のことを書いてしまい 私は 後から 知り合いに 御相撲さんによく食べると感心されるとは一体なんだ! と呆れられてしまった ことなどが懐かしく思い出される。

ということで もうニュースの旬は過ぎてしまったかもしれないが もしまたテレビに木に書いた 千賀の浦部屋 という看板が映ったら  それは 私の字  です。

ガーシュウィン:ピアノ協奏曲

2018.5.21

5月19日

今月の新日本フィル定期公演はアメリカ人女性指揮者を迎え、4人のアメリカ人作曲家の曲を

ガーシュウィンのピアノ協奏曲は山下洋輔氏のピアノで

昔オール讀物か何かに連載していらした日記のような文章を読んでいたが 演奏を直に聞くのは初めて。

予習コースの先生が ’’昨日は時間が延びましたので 終演後何か予定を立てている方は遅らせておいた方が良いです’と教えてくださった。

指揮者のジョアン ファレッタさんはギター演奏家だったのが勉強して指揮者になった 言うなれば 叩き上げ、楽団員からは安心して迎えられる実力者 と聞いたが おもねるところのない すっきりした人だった。

昔チャールトン へストンが大指揮者の役をやった時 ’さすがの役者も音の先に体が動いていない’ と評されていたが 私の目にも今回の指揮ぶりははっきりと音の先に合図を出すのが指揮者 と 解るものだった。

渋い役者のような風貌の山下氏の演奏は素晴らしい。

どんなに速くても、どんなにメロディーやテンポを変化させても全く芯がぶれない。

音が澄んでいて美しい。

良いものを聞かせていただいた一日でした。

付録

毎回駅ビルのつばめグリルでお昼をいただくのだけれど ’いつも注文されるので覚えました。次回からは注文を伺う前にニシンの酢漬けをお持ちしましょう’ と言われた。

ノルウェー の波止場で誠次さんと並んで食べてそのおいしさを知ったもの

 

10年ぶりの国技館

2018.5.16

砂かぶり 前から二列目真ん中 というお席をいただき 10年ぶりくらいに国技館へ

席に案内された時 目の前40センチくらいのところに 大きなお尻があったので 思わず おーっと言ってしまった。

4時過ぎに入ったので アレヨアレヨという間に2時間が経ち 日常とは違う興奮をして帰ってきた。

このところおすもうに注意を払っていなかったので 誰が誰なのかわからなかったが 隣のおじさんたちに 足を綺麗にあげる人、太り過ぎでシコが踏めない人など教えてもらった。

正面に見る貴乃花親方は凛々しくいい男振りで、 目の前に座る関取は数人を除けば白い背中が美しく、それにしても本当に裸。

頑張った末に 取り直しになった一番は 二人共 疲れましたもうたくさんですという気持ちを無理やり戦闘モードに切り替えているのがわかり気の毒だった。

白鵬は年を感じさせる体つきになっている。が座って待っている間に蝋のような肌に赤みがさし 汗が浮き出し油で拭き上げたようになる。

昔は同じこの建物に住んでいらした舛田山関から 焼き鳥その他をいつもいただき 見物にも行き 大声で ま す だ や まーと叫んで同席の人たちを驚かせたものだった。

書展の推薦の言葉に 舛田山関が ’それにしても奥さん(私のこと)の食欲には驚かせられます’ と書いて 友人に お相撲さんに食欲を褒められる素人なんて聞いたことがない と言われたことも懐かしい。

もう一人の横綱が負けた時 私の頭を座布団がかすめ 鬘の人だったら大変だった と思った。土俵に気を入れていたのでムチウチにはならなかった。

このところ近くに迫ったモスクワ行きの為落ち着かなかったが やっと予定のメドが立ったところ

またご報告を

群馬桜友会

2018.2.13

2月12日

賑やかな会場からちょっと足を伸ばしに廊下に出たところでホテルの会場係りの方とお会いした。

『この会の皆様は何とも品の良い方達ですね』 とおっしゃってくださった。

お聞きすると ご自分が以前JRでどんな仕事をしていらしたかを教えてくださった。

一人で伺っただけではもったいないと思い機会を見て司会の方から紹介していただいた。

貨物や特急の運転 指導、

原宿から静岡まで昭和天皇のお召し列車を運転した際は5メートルおきにある電信柱と同じ数の警察官、運転室にも車内にも多数の警備で緊張したことなど 珍しい話題に参加者は喜んで耳を傾けた。

一途でしっかりした実りある人生を生きていらっしゃる方 と 実感。

良い会だった。

題名のない音楽会

2017.12.13

12月12日

1964年 題名のない音楽会 が始まってすぐ数回聞きに行った。

淀みない黛敏郎氏の語り口がとても印象的だった。

はっきり覚えていないが 何か 同じ頃 東京交響楽団を解散するとか身売りするとかいう話に なんとゆとりのない考え と大変憤ったことも思い出す。

その時以来の同じ番組収録にまん真ん中の良いお席で参加する機会をいただき 感激ひとしおだった。

バーンスタインで一日分

次いで 世界が称賛した日本人作曲家の音楽会 という題で 今年のラフォルジュルネで聞いた伊福部昭氏の曲 と黛敏郎氏の若い時の曲が取り上げられた。

華麗なテクニックのバイオリン 日本のリズム ところどころ東映映画を思い出す懐かしさの前者

現代音楽として出されたという後者は 当時聞けば珍しかったかもしれないが 今では こちらも身構えずに十分楽しめる。

司会者と指揮者井上道義のやりとりを楽しく聞きながら 年代によって知っていることが違いながらも同じ材料をそれぞれに楽しむ空気を意識した時間でした。